NEWS

ニュース

2019.6.15

合同会社の設立にもメリットがあります

「事業を始めたい」「節税対策のために法人化したい」と考えたとき、「株式会社」をご検討される方が多いようです。しかし、「合同会社」でも個人と比べて、株式会社と同じように節税のメリットが受けられます。

 「合同会社」のメリットとしては、
①設立の費用が安い。
 株式会社の場合、設立登記の登録免許税が最低でも15万円(資本金の額に応じて増加します。)、電子定款認証に約5万円がかかります。
 合同会社の場合、設立登記の登録免許税が一律6万円、定款の認証は不要ですので定款認証代は0円で済みます。
②役員の重任登記や決算公告が不要。
などが挙げられます。

 一方、デメリットとしては
①株式会社に比べ、社会的認知度(=社会的信用力)が低い。
②出資者(合同会社では「社員」といいます)が複数名いる場合、社員同士の対立が起こった場合、意思決定や業務執行が難しくなる。
③株式を発行して資金調達する、ということができない。
などが考えられます。

 合同会社で始めたが、事業規模が大きくなってきてやはり株式会社にしたい、という場合には、株式会社へ移行(組織変更)することもできます。「設立時のコストを抑えて会社を立ち上げたい」という場合には、合同会社も検討されてみてはいかがでしょうか。

(司法書士 廣川修子/東京事務所)
L&P司法書士法人