NEWS

ニュース

2017.8.08

司法書士の日

日本司法書士会連合会では、平成22年から8月3日を「司法書士の日」と定めています。

 明治5年8月3日、太政官無号達で司法職務定制が定められ、「証書人・代書人・代言人」の3つの職能が誕生しました。証書人は現在の公証人、代書人は現在の司法書士、代言人は現在の弁護士にあたります。
 この代書人が誕生した8月3日を記念して、全国の司法書士会ではイベントや無料相談会などが行われます。

 私が所属する兵庫県司法書士会でも、8月3日に高校生を対象として、「一日司法書士体験」を開催致しました。
 県内の高校を通じて参加者を募集し、当日は地方裁判所で裁判を傍聴したり、法服を借りて記念撮影をしたり、地方法務局で登記簿謄本を取得してみたりと、私たち司法書士が普段していることを体験してもらいました。ややマイナーな私たちの仕事を知っていただく機会となり、将来の進路選択の一つに加えていただけたなら幸いです。

 司法書士が市民の皆様にとってもっと身近な存在となれるよう、私たちも様々な活動に取り組んでいきたいと思います。

(司法書士 堀川直実/神戸事務所)
L&P司法書士法人