永田功

激変の時代に、新しい風を!
築き上げてきた信頼を基礎に、
変化の波に乗り 更なる発展を目指す。

永田 功

⼤阪司法書⼠会(北⽀部)所属
L&P司法書⼠法⼈ 社員(代表者)

所信

■ デジタル化の推進

コロナ禍で「リモートワーク」「(脱ハンコ)電子文書化」「公的個人認証」「(非対面)オ ンライン面談」等、より一層のデジタル化が求められる時代に突入しました。社会的ニー ズの代表でもあるデジタル化の波に乗り遅れないよう制度を整え、仕組みを構築し、各司 法書士を支援する取り組みを推進して参ります。

■ 所有者不明土地問題・法改正への対応

所有者不明土地の問題は国家的大問題として取り上げられており、この対策のための 民法・不動産登記法の改正も間近に迫っています。更に、担保法制の見直しの議論も 始まります。不動産登記の専門家たる司法書士が、こうした問題に対して社会全体に 働きかける土壌を醸成し、指針を示していく取り組みを推進して参ります。

■ 所有者不明土地問題・法改正への対応

「働き方改革」「デジタル化」「AIの発達」により司法書士の事務所運営を取り巻く環境は 激変してきています。昨年度の司法書士法改正により「一人社員法人」が認められたこ とも踏まえ、これからの司法書士事務所の在り方を多角的に検討し、次世代の事務所 運営を検討して参ります。また、司法書士単体ではなく、官界・財界・学会・他士業と連 携・協働することにより、多様化していく社会のニーズに対応し、更なる司法書士業界の 発展を目指す取り組みを推進して参ります。

プロフィール

〈経歴・所属団体等〉

昭和44(1969)年 生

平成12(2000)年 司法書士試験合格

平成13(2001)年 司法書士登録

平成16(2004)年 簡裁訴訟代理関係業務認定

・一般社団法人 全国司法書士法人連絡協議会 理事
「法務局による所有者不明土地の相続人調査担当」
・一般社団法人 関西士業ネットワーク サムライの会 代表理事
・公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート 社員
・日本登記法学会 会員